タクシー運転手不安「もうけが減る」 30日から初乗り410円 訪日客など利用狙う

タクシー運転手不安「もうけが減る」 30日から初乗り410円 訪日客など利用狙う
タクシー運転手不安「もうけが減る」 30日から初乗り410円 訪日客など利用狙う
その他の写真を見る (1/3枚)

 東京のタクシー初乗り運賃が30日、730円(2キロ)から410円(1・052キロ)に値下げされる。インバウンド(訪日観光客)やお年寄りの需要喚起などが狙いだ。利用者はおおむね好意的に受けとめているが、運転手からは「もうけが減る」と不安の声が上がる中での見切り発車となりそう。

 新運賃が適用されるのは、東京23区と武蔵野市、三鷹市からなる東京地区。初乗り運賃は380〜410円の10円刻みで設定でき、ほとんどが410円にする。初乗り後は280メートルごとに90円だったが、237メートルごとに80円になる。約2キロまでは新運賃の方が安いが、約2〜約6・5キロは値上げと値下げが混在、約6・5キロ以上は高くなる。

 東京地区で営業するタクシー会社全331社と、大半の個人タクシーが関東運輸局に新運賃を申請した。30日午前0時以降に出庫した車両から新メーターを搭載。同日中に旧運賃の車両は姿を消す見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細