WEB編集委員のつぶやき

忠告 不毛な「反日カード」乱発は身を滅ぼす 韓国は「ヘル・コリア」へ自ら導いている

 韓国はまたも「反日カード」を切った。日本大使館と日本総領事館前の慰安婦像設置に加え、韓国の地方自治体の首長が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことで、日韓関係改善はいっそう遠のいた。絶望が支配する「ヘル・コリア(地獄韓国)」に導いているのは韓国国民自身であることに気付くべきだろう。

 韓国で竹島を管轄する南東部慶尚北道の金寛容知事が25日、竹島に上陸した。聯合ニュースによると、金氏はヘリコプターで上陸、警備隊員と国歌を斉唱、激励するなどしたという。

 慶尚北道は目的について、「独島(韓国での竹島の呼称)をめぐり日本政府が相次ぎ誤った発言をしている。警戒態勢を直接確認し、警備隊の隊員を激励するためだ」と発表した。金知事は、竹島の慰安婦像設置計画をめぐり「行政区長」である自身に解決を任せるよう訴えており、像設置に反対する一方、領有権の主張をアピールしたようだ。

 「韓国が考えることではないでしょうか」

 竹島上陸を受けて菅義偉官房長官は会見で日韓関係の打開策を問われ、こう答えた。日本政府は慰安婦像撤去など韓国側の具体的な行動がない限り、一時帰国させている長嶺安政駐韓大使を帰任させない方針を決めている。