対馬の盗難仏像判決

韓国国内で判決に否定的な声 「日韓関係が一層悪化する」 国際的な信用失墜懸念

 長崎県対馬市の観音寺から韓国人が盗んで持ち帰った仏像を、日本に返さず韓国中部瑞山の浮石寺に引き渡すよう政府に命じた韓国の大田地裁の判決について、27日の韓国紙は、日韓関係が一層悪化する可能性があると指摘し、国内でも専門家から否定的な声が出ていると伝えた。

 判決は、仏像が日本の倭寇に略奪されたとの浮石寺の主張を受け入れた。朝鮮日報は、韓国・西江大教授が「具体的な略奪や搬出の経緯が証明されないまま略奪文化財と認めたことで国際的な信用を失墜させ、今後日本などとの文化財交流に与える影響は小さくない」と批判したと報じた。

 東亜日報は文化財研究者の間で判決に「歓迎と憂慮が交錯している」と書いたが、歓迎の声は紹介していない。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細