ペンギンの赤ちゃんふ化、今月中ももう1羽誕生予定 虹の森公園おさかな館

「おさかな館」で誕生したひな。右の親鳥の体の下で守られている=愛媛県松野町
「おさかな館」で誕生したひな。右の親鳥の体の下で守られている=愛媛県松野町

 愛媛県松野町の水族館「虹の森公園おさかな館」は26日、フンボルトペンギンのひな1羽がふ化したと発表した。今月中にもう1羽もふ化する予定という。

 親はおさかな館生まれのメイと、砥部動物園(砥部町)生まれのチャチャコ。昨年もこのペアで2羽のひなが誕生した。

 今年のひなは25日にふ化した。まだこぶしよりも小さいくらいで巣穴に入っているが、成長は早く、しばらく経つと親が交代でえさを与えるほほえましい姿を見ることができるという。

会員限定記事会員サービス詳細