関西の議論

ハンカチ持たない20代女子激増、「髪で手を拭く」衝撃証言も…ハンドドライヤー普及で拭かずに乾かすが主流に

 実際、いずれも昭和生まれで、大阪市住吉区の会社員(32)▽大阪府岸和田市の40代ホテル社員▽大阪市住之江区のパート勤務(43)-の女性3人はハンカチを持っていると答えた。

 一方、20代男性でも、ハンカチを持たないという答えが多かった。

中国人は「ティッシュ派」、海外も「持たない」が主流

 日本以外の国ではどうだろうか。

 スウェーデン出身の女性で、大阪市淀川区の大学生、カリン・ブロンベリさん(30)は「スウェーデンで女子はハンカチを持たない」と回答し、「トイレには乾燥機やペーパータオルもある」。ただし、「日本の夏はスウェーデンと比べると信じられない暑さ。夏は汗を拭くために持つようにしている」という。

 韓国の釜山市からやってきた女子大学生の趙仁英(チョ・イニョン)さん(24)はハンカチについて「韓国では、年配の人たちは使うけど、女子は使いません。どこのトイレでも、乾燥機や備え付けの紙がある」と語り、「小学校時代も、『ハンカチを持ちなさい』とはいわれなかった」と振り返った。もう少し上の世代にあたる韓国・大邱市の30代主婦も「私たちの世代は持たない。持っているのは母の世代」と話した。

 中国の湖北省出身で、道頓堀のドラッグストアでアルバイトをしていた大阪市西区の大学院生の女性(24)は「中国でハンカチを持っているのは、おじいさん、おばあさん。私と同じくらいの年齢の女子はほとんど持っていない」と回答した。ただ、ティッシュペーパーは必ず携帯しているという。

会員限定記事会員サービス詳細