衆院予算委員会

民進・細野豪志代表代行「天皇陛下は『国民』か」 衆院予算委のやり取り要旨

 細野氏「正直、今の答弁はびっくりした。『ひとつの選択肢』ですか。皇太子殿下と秋篠宮殿下、この宮家のご家族は、われわれはよく拝見しているし、大変親しみを持っている。他にもいくつか宮家があり、大事な役割を担っていただいているが、国民的にいうと、お二人のご家族になる。首相がいう戦前の宮家の復活や。そういうご家計で男系だけを理由に養子に迎える。そんなことをやった瞬間に国民の気持ちは天皇家から急激に離れると思う。国民が親しみを持たない方に陛下になっていただいて、今この現代で天皇制度が持ちますか」

会員限定記事会員サービス詳細