安慶田光男沖縄元副知事からの働きかけ確認 教員採用依頼疑惑で県教委 翁長雄志知事の任命責任強まる - 産経ニュース

メインコンテンツ

安慶田光男沖縄元副知事からの働きかけ確認 教員採用依頼疑惑で県教委 翁長雄志知事の任命責任強まる

 沖縄県教育委員会は24日、記者会見し、平成27年実施の公立学校教員採用試験で安慶田(あげだ)光男副知事(当時)から特定の受験者を合格させるよう働きかけを受けたとする諸見里明前教育長の証言を確認したと明らかにした。平敷昭人教育長は当時の他の県教委幹部からも同様の証言が得られたとして、疑惑に関し「副知事から働きかけがあったと考えざるを得ないとの結論に至った」と述べた。

 安慶田氏は県政の混乱と停滞を招いたとして23日に辞任したが、疑惑を一貫して否定。県教委が事実を認定したことで翁長雄志(おなが・たけし)知事の任命責任を追及する声が強まっている。

 諸見里氏は安慶田氏から受験生3人の名前や受験番号が書かれたメモを渡され「よろしくお願い」などといわれたとしている。教育庁職員や学校長の人事でポストを具体的に指定して異動を命じられ、断ると「激しく恫喝された」とした。