厳選・医療ニュース

ネット入手ED薬→ニセモノ4割→下痢に吐き気…○○○が入っていたとの噂まで 製薬4社の合同調査

 実際に、インターネットで、「ED治療薬 ネット」と打ち込んで検索すると、バイアグラやジェネリックの商品名がずらっと並ぶ個人輸入代行サイトが多く引っかかる。あるサイトでは「バイアグラ100mg(4錠)」が約7000円。ジェネリックらしき商品は4錠で2000円弱からという価格設定となっている。ちなみにバイアグラ100mgは、日本で認可されていないし、「バイアグラ300mg」という商品は国内外に存在しないという。

 ただ、ネットをみただけでは、本物か偽造品かはまったくわからない。

 これらのサイトでは、医薬品のネット販売の多くで、合法であると強調するが、ED治療薬が、医師の処方箋が必要であることは一切明記していない状況だ。つまり、ネット販売自体が違法であることは、説明せずに販売していることになる。

 先発品製造販売の4社はこれまでも偽造医薬品の輸入差し止めなどに取り組んできた。しかし、医者に行くのは恥ずかしいといった心理をつく形で、ネット販売や個人輸入代行が広がっているのも事実だ。そこで、依然ネットのED治療薬に偽造品が多く、リスクが大きいことを明らかにすることで、購入自体を抑制しようという注意喚起として、この調査を活用していく考えだ。(経済本部 平尾孝)