「イナズマロックフェス」収益の一部寄付 西川貴教さん、滋賀知事を表敬 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「イナズマロックフェス」収益の一部寄付 西川貴教さん、滋賀知事を表敬

 県内最大級の音楽イベント「イナズマロックフェス」を昨年9月に開いたミュージシャンの西川貴教さんが19日、三日月大造知事を表敬訪問し、イベントの収益の一部など約320万円を琵琶湖保全のために県へ寄付した。

 イベントは、彦根市生まれ野洲市育ちで滋賀ふるさと観光大使を務める西川さんが「全国に滋賀と琵琶湖をアピールしたい」と、平成21年から毎年開催している。

 昨年は西川さんのほか、「HKT48」や「ももいろクローバーZ」などの人気アーティストらが出演。2日目は雷雨で途中で中止となったものの、2日間で約10万人が訪れ、熱狂的な盛り上がりを見せた。

 この日は県公館で、西川さんが三日月知事に寄付目録を贈呈。西川さんは「このイベントが成り立っているのは、支えてくださる地域のみなさんのおかげ。もっと活性化させ、滋賀県にいい影響を与えられるイベントにしていきたい」と述べた。

 9回目となる今年は、9月16、17日に草津市の烏丸半島芝生広場で開催する。同15日には昨年中止となったプログラムに替わるイベントを開く予定。