【ソロモンの頭巾】長辻象平 ジーランディア 太平洋に沈んだ第7大陸があった(4/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ソロモンの頭巾

長辻象平 ジーランディア 太平洋に沈んだ第7大陸があった

 ゴンドワナ大陸から分かれたジーランディアを、ちきゅうのドリルで掘削すると、海底の堆積層の中で生き延びてきた恐竜時代の微生物が発見される可能性も高い。白亜紀は石油や天然ガスがつくられた時代でもあった。

 大陸の分裂が地球環境に与えた影響を知る手がかりも得られるだろう。

 おそらくこの「ソロモンの頭巾」が南太平洋に眠る第7大陸・ジーランディアについて日本での最初の新聞記事となるはずだ。

 現場が遠く離れたニュージーランドとオーストラリアとはいえ、地球史規模の大発見が日本で話題にならなかったのは、じつに不思議。「まさに第7大陸の謎」(山田さん)だ。現代の情報洪水に沈んでいたものらしい。

 この神秘のジーランディアが、ちきゅうの科学掘削で全貌を見せる。