【ソロモンの頭巾】長辻象平 ジーランディア 太平洋に沈んだ第7大陸があった(2/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ソロモンの頭巾

長辻象平 ジーランディア 太平洋に沈んだ第7大陸があった

 沈んだ大陸と本来の海底の間には、明確な差異がある。海底は重い玄武岩で、陸地はそれより軽い花崗(かこう)岩や安山岩で、構成されているのだ。

 だから、比較的浅くても玄武岩の地形なら大陸ではないが、ニュージーランド周辺の海底は違った。

 「近年の海底調査で大陸性の岩石が広範囲に分布していることが知られるようになっていたのです」

 JAMSTECの海洋掘削科学研究開発センター長の山田泰広さんが解説してくれた。

 ニュージーランドは、2006年に大陸棚の延長申請を国連に行い、08年に承認されているが、この過程などで現地ではジーランディアの名称が盛んに使われるようになったようだ。

 第7大陸のジーランディアは、今から8千万年前の中生代・白亜紀にゴンドワナ大陸(当時は南極とオーストラリアが合体していた)の東縁から分離し始めたと考えられている。

 このジーランディアの大部分が海面下に没したのは2300万年前ごろだ。