「ポケGO死亡事故」大型クレーン運転手に有罪判決 京都地裁「少なくとも直前にしていた」認定 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「ポケGO死亡事故」大型クレーン運転手に有罪判決 京都地裁「少なくとも直前にしていた」認定

 京都府長岡京市で昨年9月、大型クレーン車でミニバイクの女性=当時(39)=をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた京都市山科区、会社員、根上弘樹被告(48)の判決公判が17日、京都地裁で開かれ、奥山雅哉裁判官は禁錮1年6月、執行猶予5年(求刑禁錮1年6月)を言い渡した。

 奥山裁判官は判決理由で「少なくとも事故直前の停止中にポケモンGOをしていた」と認定。その上で、「車両がいないという過信と相まって事故を引き起こした。ポケモンGOによる事故が多発していることを知っていたはずで、厳しい非難に値する」と指摘した。

 公判で根上被告側は、運転中にポケモンGOを起動させていたことは認めたが「停車中に(スマホ)触っていた」として、事故はゲームとは関係のない不注意が原因だと主張。一方、検察側は論告で「停車中も運転行為の一環。危険性が非常に高く、過失の程度は大きい」としていた。

 判決によると、根上被告は昨年9月12日午後6時15分ごろ、長岡京市の府道で、赤信号で停車後、安全確認が不十分なまま大型クレーン車を発進させ、前方で停止していたミニバイクをはねて女性を死亡させた。