釜山・慰安婦像設置

民進・野田佳彦幹事長「ゴールポストがずるずる動く」と韓国の対応を批判

【釜山・慰安婦像設置】民進・野田佳彦幹事長「ゴールポストがずるずる動く」と韓国の対応を批判
【釜山・慰安婦像設置】民進・野田佳彦幹事長「ゴールポストがずるずる動く」と韓国の対応を批判
その他の写真を見る (1/3枚)

 民進党の野田佳彦幹事長は16日の記者会見で、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意をめぐり、韓国内で破棄を求める動きがあることについて「無責任なことを言う人たちが出てきている。政府間できちんと詰めた合意であり、さかのぼった議論に戻るのはおかしい」と批判した。

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことについては「韓国は、もう少し反省してもらわなければいけない」と述べた。

 フリーランスの記者が「まず相手(韓国)の気持ちを聞くべきだ」と質問すると、野田氏は「ある意味ずっと聞いているじゃないですか」と色をなして反論した。

 また、「韓国はゴールポストがずるずる動く。この繰り返しをしてはならない」とも指摘。「一回決めたことは、お互い歯を食いしばって前進させる努力がないといけない」とも語った。