宴の供に絶品湖魚料理 琵琶湖八珍提案者、レシピ本出版 滋賀 - 産経ニュース

メインコンテンツ

宴の供に絶品湖魚料理 琵琶湖八珍提案者、レシピ本出版 滋賀

 琵琶湖の代表的な魚介類を集めた「琵琶湖八珍」の提案者で県文化財保護協会普及専門員の大沼芳幸さん(62)が、八珍をはじめとした湖魚の料理を紹介する「琵琶湖八珍-湖魚の宴 絶品メニュー」(海青社)を出版した。本を通じて多くの人に湖魚を食べてもらい、琵琶湖を取り巻く環境への関心を高める考えだ。

 琵琶湖八珍は、ビワマス▽ニゴロブナ▽ホンモロコ▽イサザ▽ビワヨシノボリ(ゴリ)-の琵琶湖固有種5種と、在来種のスジエビ、琵琶湖淀川水系などに分布するハス、琵琶湖にすむ小柄なアユの「コアユ」の計8種で構成。

 大沼さんが県立安土城考古博物館(近江八幡市)の副館長だった平成25年、湖魚を知ってもらうため、料理の人気投票を実施。その結果をもとに、同館や県立琵琶湖博物館(草津市)などが八珍を選んだ。

 八珍をめぐっては、県が27年度からブランド化事業を立ち上げ、ホームページで紹介したり八珍を扱う飲食店のマイスター登録制度を行ったりしている。今回はより八珍の料理に親しんでもらおうと、同書を出版することになった。

 もともと釣り好きだという大沼さん。同書では、八珍の魚の特徴や漁法のほか、大沼さんが実際に作ったり県内の飲食店で食べたりした湖魚の料理法を写真入りで掲載。それぞれの料理に合う酒まで詳しく説明している。

 また、八珍の選定に漏れた湖魚で人気の高かったウナギやシジミなども「裏八珍」の魚として紹介。ブラックバスやブルーギルなどの外来魚についても、「食べる対象にすべきだ」として、フライやどんぶりなどの料理法を記載している。

 大沼さんのおすすめは、ふなずしの頭や尾などを包丁でたたき、大葉やチーズなどを混ぜた「ナメロウ」。絶品で「酒がなんぼあってもいける」(大沼さん)という。

 大沼さんは「最近の琵琶湖は必ずしもいい状態ではない。湖魚を食べることで琵琶湖とのつながりを強め、『琵琶湖の当事者』になることが必要だ」と話している。

 A5判196ページオールカラー印刷で、定価は1980円。全国の書店で15日から販売されるほか、出版元の海青社でも購入申し込みを受け付けている。

 問い合わせは、同社(電)077・577・2677。