阪神大震災

「臨床宗教師」悲しみを防災の力に 神戸赤十字病院が養成研修に協力

【阪神大震災】「臨床宗教師」悲しみを防災の力に 神戸赤十字病院が養成研修に協力
【阪神大震災】「臨床宗教師」悲しみを防災の力に 神戸赤十字病院が養成研修に協力
その他の写真を見る (1/2枚)

 阪神大震災で負傷者の治療や避難所での診療に当たった神戸赤十字病院(神戸市中央区)が、龍谷大大学院(京都市下京区)に協力して「臨床宗教師」の養成研修を受け入れている。災害や医療の現場で心のケアに当たる宗教者らに、被災者や遺族とどう関わればよいかを考えてもらうためだ。「死と向き合う覚悟のある宗教者には、医療者にはない強みがある」。医師からそう期待された受講生たちは、19日に研修を締めくくる修了式に臨む。

心療内科医が講義

 受講生7人が神戸赤十字病院を訪れたのは、昨年12月15日。心療内科医として数々の災害現場で活動してきた村上典子さん(53)の講義を聴き、医師らと意見交換した。

 同病院の心療内科は阪神大震災翌年の平成8年、被災者の心のケアを目的に設置。その当初から勤務している村上さんは、16年の新潟県中越地震や23年の東日本大震災で救護班の一員として現地に入ったほか、17年のJR福知山線脱線事故でも負傷者や遺族、救護スタッフのケアに当たった。

 講義で村上さんは「災害は大切な人や家屋、仕事、希望など、同時多発的な喪失体験を伴う」と指摘。阪神大震災から5年後と10年後に、心療内科の受診患者に自分の病気が震災と関係があると思うかどうかを聞き取り調査したところ、5年後で37%、10年後でも39%が「関係ある」と答えていたことを明かした。