スーパー・百貨店が苦戦 流通大手3社決算 イオンは赤字、セブンとユニー・ファミマも減益

 流通大手3社の平成28年3〜11月期連結決算が12日、出そろった。総合スーパーの不振でイオンが3〜11月期としては2年連続の最終赤字となり、セブン&アイ・ホールディングス(HD)とユニー・ファミリーマートHDも最終減益だった。各社は不採算店舗の閉鎖や改装など構造改革を進めており、収益改善を急ぐ。

 セブン&アイが12日発表した28年3〜11月期の連結最終利益は前年同期比39.8%減の755億円だった。総合スーパー事業のイトーヨーカ堂や百貨店事業のそごう・西武の店舗閉鎖、改装などに伴う減損損失が響いた。

 ただ、本業のもうけを示す営業利益は国内のコンビニエンスストア事業や総合スーパー事業で粗利益率の改善が寄与し、5.0%増の2740億円だった。売上高にあたる営業収益は5.0%減の4兆2889億円だった。

 イオンも総合スーパー事業の不振で、最終損益が172億円の赤字(前年同期は174億円の赤字)だった。

 譲り受けた不採算のダイエーの店舗改装費用などがかさんだ。営業収益は、食品スーパーやドラッグストア事業が堅調で1.1%増の6兆998億円。

 昨年9月に経営統合したユニー・ファミリーマートもコンビニ不採算店舗の閉店に伴う減損損失や統合費用がかさみ、最終利益は7.7%減の162億円だった。3社とも不採算店舗の立て直しを図っているが、消費動向の変化は速く、改革のスピードが問われる。(黄金崎元)

会員限定記事会員サービス詳細