【民進・蓮舫代表会見詳報(上)】小池百合子都知事との連携「ともに改革できるなら協力したい」(3/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

民進・蓮舫代表会見詳報(上)

小池百合子都知事との連携「ともに改革できるなら協力したい」

 ■質疑応答

 --蓮舫氏は今夏の東京都議選で、党として小池百合子知事と連携を模索していく考えを示しているが、模索の進捗(しんちょく)状況は。政策の連携としてはどんなテーマを念頭においているか

 「都議会においては、やはり古い古い体質の自民党と、特に行政改革の部分で戦っておられる小池知事の姿勢には共鳴すると、これまでも何度もお答えをさせていただいていた。他方で足元を見ると、私たちの民進党の現職、あるいは元職・新人の方たちも公認をしている。この方たちの勝利を目指すのが私たちの立ち位置だ。ただ一方で、古い政治体制を改め、改革して前に進める方たちがやはり過半数をとることは望ましいと思っているので、その部分ではどういう連携ができるのか、これは丁寧に慎重に進めていきたいとは思っている」

 「行革だけではなくて、子育て支援であるとか、女性の活躍であるとか、あるいは東京五輪・パラリンピックの有効的な成功、そしてその後のレガシーの活用方法も含めて、まさに都政には大きな大きな課題が山積していると思う。その部分で躊躇(ちゅうちょ)することなく、ともに改革ができるのであれば、そういう方たちとは協力をしていきたいと思っている」