経済インサイド

携帯大手が自転車事業に参入 ソフトバンクのシェアサイクルを利用してみた!東京五輪ではスイスイ

【経済インサイド】携帯大手が自転車事業に参入 ソフトバンクのシェアサイクルを利用してみた!東京五輪ではスイスイ
【経済インサイド】携帯大手が自転車事業に参入 ソフトバンクのシェアサイクルを利用してみた!東京五輪ではスイスイ
その他の写真を見る (1/2枚)

 街中で気軽に借りて利用後に料金を支払って返却する自転車のシェア事業に、携帯電話大手が相次いで参入している。平成27年に子会社を設立したNTTドコモに続いて昨年11月にはソフトバンクもグループ会社と共同で参入した。自転車シェアは国土交通省も32(2020)年の東京五輪・パラリンピックに向けて普及を後押ししているが、現状ではまだまだといったところだ。記者は今回、初めて利用してみたが、ゲームなどスマートフォンの各種サービスに慣れている人なら、登録から利用まで、違和感なくできるのではないかと感じた。

 ソフトバンクの自転車シェアシステム「HELLO CYCLING(ハローサイクリング)」は、スマートフォンやパソコンなどで、専用サイトにアクセスし、クレジットカード番号やメールアドレスなどを入力してあらかじめアカウントを登録しておく。自転車を利用する際には、駐輪場に行き、自転車の操作パネルに交通系ICカード、おサイフケータイや(米アップルのiPhoneなど向けの電子決済)アップルペイに対応したスマホ、マイナンバーカードなどをかざすと、自転車のカギとして利用できる。1度カードなどをカギとして登録すると、「ピッ」と操作パネルに当てるだけで、自転車の開錠ができる。

 実際に、定期券として利用している交通系ICカードをカギとして登録してみたが、最初に登録する際には多少の手間を感じたものの、1度登録すると、普段財布などで持ち歩いているICカードで開錠できるため、カギの紛失の心配も少なく便利だと感じた。

会員限定記事会員サービス詳細