安倍首相NHK詳報

「日韓合意は最終的かつ不可逆的な合意だ。韓国は誠意を示さねばならない」「解散は全く念頭にない」

 --トランプ氏の登場で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の発効が難しくなっている。米側が二国間交渉を求めてきたときはどうするか

 「例えば豪州とは、TPPについてともに協力をし、そして最終的に合意をしました。と同時に日豪と経済連携協定(EPA)を締結しています。ですからTPPだけではもちろんではありませんが、われわれは決してあきらめることなく、粘り強く、トランプ次期大統領あるいはTPP貿易に関わる人たちにTPPの重要性、価値を発信をしていきたいと思います」

--トランプ氏が在日米軍の駐留経費の増額についても言及していることについては

 「すでに安倍政権になって努力を重ねてきています。防衛費においても、安倍政権になって増額させています。それは、アジア太平洋地域の安全保障環境が厳しくなっているからです。主体的に私たちは対応してきたわけであります。

 平和安全法制を整備し、そして新しいガイドラインをつくったわけですから。今まで以上に日本もしっかりと日本の役割を果たしながら、日米の絆、日本だけのためのものではなくて米国にも大きな利益を与えているし、そしてまたアジア太平洋地域の平和と安定に大きく貢献している。それは結果として米国経済にもプラスの影響があるという実態をよく話していきたい」