激震・朴政権

セウォル号沈没から1000日 ソウルで11週連続の大規模抗議集会

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵大統領の即刻退陣を求める11週連続の大規模抗議集会が7日、ソウル中心部で開かれた。2014年4月に起きた旅客船セウォル号の沈没事故から9日で1千日を迎えるため、集会は事故による犠牲者の追悼に加え、事故の真相究明、責任者の処罰を求めるものとなった。

 集会では、事故当時、修学旅行中の高校生だった生存者らが舞台に上がり、事故から1千日を迎える心境などを語った。また、事故当日の朴氏の7時間にわたる所在が現在も明確にされておらず、真相究明を求める意味で午後7時に合わせて一斉消灯が行われた。

会員限定記事会員サービス詳細