盛り上がるコト消費(上)

初売り福袋 今年は思い出・体験型 カップルでゲーム感覚 現役アスリートと練習も

東武百貨店池袋本店が発売したレトルトカレーを高く積み上げた分だけ獲得できる体験型福袋(黄金崎元撮影)
東武百貨店池袋本店が発売したレトルトカレーを高く積み上げた分だけ獲得できる体験型福袋(黄金崎元撮影)

 日本経済は「トランプ相場」による株高や、円安に伴う企業業績の改善期待など、明るい材料も出始めた。ただ、先行き不安などから節約志向も根強く、個人消費の盛り上がりは欠けたまま。そうした中、今年は単に「モノ」を売るだけでなく、思い出や体験など「コト」を商品として提供する企業が増えそうだ。消費を喚起しようと、企業は「あの手この手」で工夫を凝らす。

 百貨店各社が初売りする福袋も世相を反映し、今年は「モノ」から体験、思い出、人間関係、サービスなど「コト」を商品として売る傾向が強まっている。各社とも知恵を絞ったユニークな福袋を用意した。

 今年で開店55周年を迎える東武百貨店池袋本店ではカップル限定の「めざせ55段!!レトルトカレーをAh!盛〜れ!(アモーレ)福袋」を発売する。食品専門店「北野エース」のレトルトカレーを高く積み上げた分だけ獲得できる体験型福袋だ。

 店内の約350種類のレトルトカレーの中から2人1組で好きなものを選び、崩れないように慎重にカレーの箱を積み重ねて手を離して10秒間維持できれば、すべてお持ち帰りできる。カップルがゲーム感覚で楽しめる夢袋だ。

 高島屋はリオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した「タカマツペア」が所属する日本ユニシスの現役選手と練習できる福袋を用意した。ダンサーのSAMさんがプロデュースするシニア向けダンスチームを結成する夢袋も発売する。