政界徒然草

「だから民進党は…」「日本死ね」「私は立法府の長」 2016年国会審議名言・迷言ベストテン

【政界徒然草】「だから民進党は…」「日本死ね」「私は立法府の長」 2016年国会審議名言・迷言ベストテン
【政界徒然草】「だから民進党は…」「日本死ね」「私は立法府の長」 2016年国会審議名言・迷言ベストテン
その他の写真を見る (1/6枚)

 安倍晋三首相の1強といわれる国会だが、衆参の本会議や予算委員会は、野党はアノ手コノ手で政府を追及して白熱し、数々の名言(迷言?)が生まれた。独断と偏見で、印象に残った言葉ベストテンを選んだ。

10位 「そういうことばっかり言っているから(民進党は)…」「それ以上!」

 衆参の予算委員会では、民進党が政権へのレッテル張りにいそしみ、安倍首相が声を荒げるのが様式美のように繰り返された。

 10月3日の衆院予算委では、民進党の長妻昭前代表代行が、自民党の憲法改正草案を批判。首相が、野党時代に谷垣禎一総裁のもとで出されたものだと反論すると、長妻氏は「谷垣総裁の時に作ったものだから、僕ちゃん知らないよというふうに聞こえた」と決めつけた。

 首相は「谷垣総裁の時に作ったものだから僕ちゃん知らない、と一言でも言いました?まったく言っていないのに言ったように言うのはデマゴーグの典型例だ」と激高。「そういうことばっかし言っているから…」と民進党のダメっぷりを説明して挑発しようとしたところ、与党席に座っていた菅原一秀理事(自民)に「それ以上」と制止され、自重した。

 首相が、委員長が指名していない議員による「不規則発言」に耳を貸した珍しいシーンだった。

会員限定記事会員サービス詳細