エヴァ・たかじん歌詞誕生秘話3

「残酷な天使のテーゼ」歌詞、「神話になれ」は当初「凶器になれ」だった…作詞家・及川眠子さん

 --ところで作品を手直しすることはあるのですか

 及川 ありますよ。「残酷な〜」はほぼないですが、「神話になれ」の歌詞は最初、「凶器になれ」としていたんです。すると、「狂気」に聞こえちゃうから、といわれて…。

 --歌詞と元夫との生活が微妙に重なっているように思えるのですが…

 及川 あれは偶然です。私は職業作家なので、ものを書くとき、自分を殺しています。私らしさをアピールする必要はないわけですから。でも、私の中から出てきたものの一つではありますから、そういう要素はあるんでしょうね。

 --「残酷な〜」はカラオケでも人気ですしパチンコなどにも展開しています。印税額はすごいのでは

 及川 音楽出版社に所属していたときの作品で、権利を譲渡しているので、細かいことはわからないんです。聞けばわかるでしょうけど、いちいち聞くことはしませんし…。

 ただ、ここ20年はすべての作品の印税による年収で3千万円を切ったことはないです。金額を聞いて驚かれるでしょうが、私たちフリーの3千万円はサラリーマンの年収1千万円弱という感覚です。接待費や交通費はもちろん、名刺一枚も自腹ですから。税金で半分ほど持っていかれるし、そういうことを考えると。

 --では、稼ぎ頭にもそんなに思い入れはないのですか

 及川 手を離れていますし、執着はないです。替え歌にされても全然構いませんし、内容が変わってても「いいっすよ」って。作詞家としてはものすごくやりやすいですよ。歌詞を変えないでという作家もいますが、何が正解ということもないでしょう。

会員限定記事会員サービス詳細