諮問会議、来年は診療報酬を本格議論へ 医師会は「青天の霹靂」と早くも反発 

 2年ごとの診療報酬見直しについては、これまで厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)で検討しており、抵抗は強い。

 医師会は22日、横倉義武会長名で声明を出し、「(民間議員の提案は)大それた発言。まさに青天の霹靂(へきれき)で、きわめて遺憾だ」と強く批判、「(診療報酬は)当然、中医協で議論すべきだ」とした。

 ただ、中医協は、薬価制度改革のきっかけとなった高額がん治療薬「オプジーボ」に関し、国内販売価格を海外の2倍以上高い水準のまま放置した経緯がある。安倍政権が医師会の抵抗を抑えて改革を進められるか注目される。(山口暢彦)