偽造1万円銀貨250枚が見つかる 昭和天皇の在位60年記念、財務省が注意呼びかけ

偽造1万円銀貨250枚が見つかる 昭和天皇の在位60年記念、財務省が注意呼びかけ
偽造1万円銀貨250枚が見つかる 昭和天皇の在位60年記念、財務省が注意呼びかけ
その他の写真を見る (1/4枚)

 財務省は26日、昭和天皇の在位60年を記念して昭和61年に発行した1万円銀貨を偽造した疑いがある銀貨が250枚程度見つかったと発表した。造幣局の鑑定では、半分以上が偽造と判明しているという。不審な銀貨を見かけたら警察や日銀に届け出るよう、注意を呼びかけている。

 偽造銀貨は本物に比べ直径がやや大きいほか、模様が平面的で白っぽく、文字の線が太いといった特徴がある。今年5月から銀行などで見つかり、両替などで持ち込まれた可能性があるという。

 財務省によると、同型の偽造通貨が25年に外国郵便の中から見つかっている。記念硬貨は当時、1千万枚発行され、金融機関の窓口で希望者に引き渡された。

会員限定記事会員サービス詳細