エヴァ・たかじん歌詞誕生秘話1

トルコ人元夫に3億貢ぎ大借金-歌詞以上に壮絶な人生 作詞家・及川眠子さん

昨秋東京で開かれた和歌山県のイベントで同郷の俳人、堀本裕樹さん(左)、旅行作家の石田ゆうすけさん(右)と。和歌山のPRにも一役買っている(及川さん提供)
昨秋東京で開かれた和歌山県のイベントで同郷の俳人、堀本裕樹さん(左)、旅行作家の石田ゆうすけさん(右)と。和歌山のPRにも一役買っている(及川さん提供)

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」や、やしきたかじんさんの「東京」など数々の人気曲を手がけた作詞家の及川眠子さん(56)。今夏、トルコ人の元夫との出会いから、総額3億円を失って7千万円の借金を背負うまでの日々を綴(つづ)った「破婚 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間」(新潮社)を出版した。音楽業界のヒットメーカーが送ってきた、名曲の歌詞以上の劇的人生とは-。(聞き手・木ノ下めぐみ)

 --著書はかなり赤裸々と話題です。なぜ本に?

 及川 3億円という金額を見て、「ひどい目にあった」とみなさんびっくりするんですが、ゼロを2つ取ればどこにでもある話。働かない彼氏や旦那に「お金ないんだ」と言われ、お金を渡す女性はいっぱいいます。でもなかなか別れられないのが男女。自分にそれだけのお金があったから払っただけで、よくある話だと思います。

 実際、悩んでいる人は大勢いるでしょう。そんな人たちにとって、ほんのわずかでも希望になればと思ったんです。人は「自分よりひどい目にあっている人がいる」と知ることで、救われることもあります。ひどい目に、という言い方は違うかな。「自分よりバカなのがいるんだ」と…。

 --なぜ元夫に膨大な金を貢いだのですか

 及川 彼に、私のいうことを聞かせたかったんでしょうね。お金を出す人は、あればいくらでも出す。出さない人はあっても出さない。その人の資質によります。金に対する執着のなさと情。情が深い女は大抵やられますね。

 ちなみに、貢いだのではなく「出資」です。起業する彼に経営者である私が投資したという感覚。子供の教育に、高いお金を払う母親は子供に対して貢いだとはいわないでしょ? それと同じです。