宗教年鑑の信者数の信頼性は? 真宗大谷派の信者数 320万人から792万人に 算出方法変更で 仏教系教団信者数6位から2位に上昇

仏教系教団の信者数
仏教系教団の信者数

 文化庁が平成29年3月に発行する28年版の「宗教年鑑」で、真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)から申告された信者数をうのみにし、前年版の約2・5倍にして公表することが24日、関係者への取材で分かった。文化庁は「問題ない」とするが、わが国の宗教動向を知る唯一の政府統計だけに、急激な変動は信頼性を揺るがすことになりかねない。統一された信者数の算出手法のない政府統計の不備と、宗教法人の不明確な信者数計算の実態が浮き彫りになった。

 関係者によると、28年版の宗教年鑑では、大谷派の信者数は約792万人にのぼり、前年版の約320万人から2・47倍に増加。全国最多の浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)に匹敵する規模となり、仏教系教団の中での信者数順位は6位から2位に上昇する。

会員限定記事会員サービス詳細