鉄道ファン必見・絵ハガキ時空散歩

乗車と降車でホームが分離されていた「箕面駅」

ループ線で降車ホームと乗車ホームが分かれていた明治時代の阪急箕面駅
ループ線で降車ホームと乗車ホームが分かれていた明治時代の阪急箕面駅

 関西有数の紅葉の名所、大阪・箕面に箕面有馬電気軌道(現・阪急)が路線を延ばしたのは、明治43(1910)年。これはその頃の箕面駅付近である。

 絵ハガキの画面右側、運動場を囲むように存在したのが箕面駅で、この頃にはラケット形に線路が敷かれ、降車ホームと乗車ホームが分離されていた。理由は当時の電車が現在と異なるポール式で、折り返しの不便さを解消するために、ループ線が使用されていたからである。

 右奥の線路を進んできた電車は、手前に置かれたホームで乗客を降ろし、中央付近のホームに行き、乗客を乗せる形だった。運動場の左(東)側に小さな電車が確認でき、当時の駅舎が見える。また、上(南)に存在する建物は箕面公会堂であった。現在の線路の緩やかな曲線と駅前広場は、このループ線の名残である。

会員限定記事会員サービス詳細