【安倍首相の真珠湾訪問】「強固な日米関係のメッセージになる」 ホーナン笹川平和財団米国研究員(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

安倍首相の真珠湾訪問

「強固な日米関係のメッセージになる」 ホーナン笹川平和財団米国研究員

安倍首相とオバマ大統領の真珠湾訪問の意義について説明するジェフリー・ホーナン氏
安倍首相とオバマ大統領の真珠湾訪問の意義について説明するジェフリー・ホーナン氏

 安倍晋三首相とオバマ米大統領がともに真珠湾を訪問する意義を、ハワイにある国防総省の研究機関、アジア太平洋安全保障センター准教授を経てワシントンの笹川平和財団米国で日米同盟を研究するジェフリー・ホーナン研究員(41)に聞いた。(聞き手 加納宏幸)

     ◇

 大統領選で同盟に関してトランプ次期大統領が驚くべき発言をしたため、彼が同盟の価値を高く評価していないのではないかと心配する人がいる。首相が真珠湾を訪問することは日米関係が強固であるという力強いメッセージを送ることになり、トランプ氏にアジア太平洋で米国にとり日本が頼るべき国であると気付かせることになる。

 真珠湾訪問が今年5月のオバマ大統領の広島訪問とセットで受け止められることは懸念された。私は米国が圧力をかけるべきではないし、完全に日本側が決めることだと主張してきた。米国が日本に「外圧」をかける時代は終わった。