SMAP解散

SMAP、紅白歌合戦出演を正式に辞退 

 年末で解散するSMAPが、NHK紅白歌合戦の出演を正式に辞退したことが23日、分かった。所属するジャニーズ事務所が同日、明らかにした。

 11月に発表された紅白出場者のリストにSMAPの名前はなかったものの、NHK側は籾井勝人会長が「最後の最後まで粘り腰でやりたい」と話すなど、特別枠などでの出演に向けて事務所側との交渉を続けていた。

 SMAPの5人は、レギュラー番組として20年間続けてきたフジテレビ系「SMAP×SMAP」を5人の最後の舞台としたいという強い思いを抱いており、同日までに出演辞退を伝えた。NHKも「意思を尊重する」として、出演交渉を断念すると明らかにした。

 SMAPは、CDデビューした平成3年に紅白歌合戦に初出場。以来、昨年まで計23回出場し、最終歌唱者となる大トリも計5回務めた。