【島根女子大生殺害】デジカメ消去画像、捜査本部が復元 - 産経ニュース

メインコンテンツ

島根女子大生殺害

デジカメ消去画像、捜査本部が復元

 平成21年11月に広島県の山中で島根県立大1年、平岡都さん=当時(19)=の切断遺体が見つかった事件で、平岡さんを殺害し遺棄したとして、島根・広島両県警合同捜査本部が容疑者死亡のまま書類送検した会社員、矢野富栄(よしはる)容疑者=当時(33)=の遺品のデジタルカメラから画像が消去されていたことが20日、分かった。捜査関係者によると、消去されていた画像を捜査本部が復元したという。

 捜査関係者によると、画像はデジタルカメラやUSBなどに計57枚あり、容疑者が住んでいた自宅風呂場や平岡さんの遺体、包丁などが写っていたという。