現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

ロシアとの領土交渉、これが日本「完敗」の背景だ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

日露首脳会談後の共同記者会見で、質問に答えるロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相 =16日午後、首相公邸(川口良介撮影)
日露首脳会談後の共同記者会見で、質問に答えるロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相 =16日午後、首相公邸(川口良介撮影)

12月15日には、欧州連合(EU)がシリア情勢に関連して対露非難声明を採択し、ウクライナ問題以来の対露経済制裁を来年7月まで半年延長することで合意した。またオバマ米大統領は、露によるサイバー攻撃への報復意思を表明した。この日、安倍晋三首相はプーチン露大統領を「クリミア併合」以来、先進7カ国(G7)諸国としては初めて-しかもG7議長国として-公式的に招き、「ウラジーミル、君」と一方的に親密関係を演出し、欧米と日本の対露姿勢の差を浮き彫りにした。

明らかに後退した平和条約

首脳会談の日本側の主たる目的は、日露の領土交渉を進展させること、そのための経済協力の具体化だった。結果は領土交渉の進展はゼロ、露が望む経済協力では8項目提案など政府、民間合わせて82件の成果文書を交わした。英紙フィナンシャル・タイムズも認めるように、露側の完勝である。

ランキング

  1. 【産経抄】5月18日

  2. 【主張】北コロナ感染拡大 まず軍事挑発停止が先だ

  3. 【主張】原発審査の提言 首相が再稼働を主導せよ

  4. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  5. 【浪速風】国技が教えてくれる

  6. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  7. 【産経抄】5月17日

  8. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  9. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  10. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

会員限定記事