【産経FNN合同世論調査】民進シルバー政党化 支持層の62%が60歳以上 年金法・IR法反対…志向とマッチ(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経FNN合同世論調査

民進シルバー政党化 支持層の62%が60歳以上 年金法・IR法反対…志向とマッチ

未来投資会議で挨拶する安倍晋三首相(右)=19日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
未来投資会議で挨拶する安倍晋三首相(右)=19日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)の合同世論調査で、主要政党の支持層に「60歳以上」が占める割合を見たところ、民進党は62%で、共産党(60・5%)や自民党(41%)などを上回った。過去の調査からも、民進党がじわりとシルバー政党化していく傾向が浮かぶ。支持層の高齢化は政策面ともリンクしているようだ。(千葉倫之)

 今回の合同世論調査で「民進党を支持」と答えた人の内訳は、60歳以上62%▽50代8・7%▽40代13%▽30代7・6%▽18〜29歳8・7%-で、平均年齢は60・23歳だった。一方、自民党支持者は、同じ順に41%▽14%▽14・3%▽13・5%▽17・2%-と民進党よりもバランスがあり、平均年齢は53・13歳だった。

 民進党支持者のシルバー率は、旧民主党政権時代の平成24年ごろは50%前後で自民党と大差なかったが、徐々に増大。母数の関係で振幅は激しいが、全体として右肩上がりの傾向をみせ、最近は60%前後で推移している。