日露首脳会談

「私を信じてもらいたい」とプーチン氏明言 安倍晋三首相明かす「日露が安全保障で連携できれば日本の立場はもっと強くなる」対中牽制姿勢明確に

【日露首脳会談】「私を信じてもらいたい」とプーチン氏明言 安倍晋三首相明かす「日露が安全保障で連携できれば日本の立場はもっと強くなる」対中牽制姿勢明確に
【日露首脳会談】「私を信じてもらいたい」とプーチン氏明言 安倍晋三首相明かす「日露が安全保障で連携できれば日本の立場はもっと強くなる」対中牽制姿勢明確に
その他の写真を見る (1/2枚)

 安倍晋三首相は18日夜、フジテレビ番組「Mr.サンデー」で、アジア太平洋地域の安全保障環境は厳しくなっているとの認識を示し、「日本とロシアが平和条約を結んで安全保障分野でも連携できるようになれば日本の立場はもちろん強くなる」と述べた。

 日露の接近が対中牽制(けんせい)の意味合いを含むのかとの問いに答えた。「地域の平和と安定のために間違いなくプラスになる」とも強調した。

 安倍首相は、プーチン露大統領が16日の共同記者会見で「一番重要なのは平和条約の締結だ」と発言したことについて「一番重要な発言だ。95分間、膝詰めで話しあった結果でもある。今まで大統領がこう発言したことは一回もない」と指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細