話の肖像画

演出家・鈴木忠志(1)演劇で問う国のあり方

【プロフィル】鈴木忠志

すずき・ただし 昭和14年、静岡県生まれ。劇団SCOT(Suzuki Company of Toga)主宰。早稲田大学卒業後の41年、劇作家の別役実らと「早稲田小劇場」を創立。「劇的なるものをめぐってII」などで演劇界に衝撃を与え、日本の新しい演劇を牽引(けんいん)。51年、富山県利賀村(現南砺市)に拠点を移し、日本初の国際演劇祭「利賀フェスティバル」を開催。59年、劇団名を「SCOT」に。世界各地で公演を行うほか、世界の演劇人が学ぶ「スズキ・トレーニング・メソッド」を考案。主な演出作に「リア王」など。

会員限定記事会員サービス詳細