関西の議論

日本最古?の神話「ホツマツタヱ」とは…古事記、日本書紀より古い?学界は疑問視も愛好家の研究盛ん

 内容はほとんどが古事記、日本書紀と同じ時系列、同じ内容で描かれている。違う点は、記紀はすべて漢字で表記されていることに対し、「ホツマ文字」が使われていることだ。

 古代から高度な文化水準を誇った日本では、漢字以前に独自の文字を持っていたとする説もある。その疑問に答えるのがホツマ文字と「ホツマツタヱ」であると愛好家は口をそろえる。

 ホツマ文字とは点や線で表される子音と、丸や三角で表される母音を合わせて発音がつくられる。それぞれの記号には風や水などの意味があるとされ、象形文字の要素もある。愛好家によって「ホツマ48音」という現代の50音表に相当する表も作られた。

アカデミズムからは…

 ただ、現代のアカデミズムの世界では、記紀より古い時代の文字だとするホツマ文字はほとんど研究対象になっていない。記紀や万葉集などの分析から、当時は現代の5母音より多い母音で音が構成されていたと考えられている。

 母音が5つで、しっかりと現代の50音に対応しているホツマ文字で書かれたホツマツタヱは「真偽があやしい」と、上代日本を専門とする関西地方のある大学教授は話す。「古代からかなりくだった時代に、誰かがこうあってほしいと思ったことを記したのだろう」と。

 また、ホツマ文字だけで書かれた文献や、江戸期以前に書かれたホツマツタヱの書籍は見つかっていない。井保さんも「もっと古い時代に書かれたホツマツタヱが出て来れば信用度も増すのですが」と話す。

会員限定記事会員サービス詳細