【産経抄】植民地化の危機が迫っていた 12月14日 - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経抄

植民地化の危機が迫っていた 12月14日

 幕末の日本は、ヨーロッパの列強による植民地化の危機にさらされていた。その最たる例が、文久元(1861)年に起きた、「対馬事件」である。

 ▼ロシアの軍艦ポサドニック号が対馬に居座り、軍事基地の建設を始めた。抵抗した島民ら2人が犠牲となる。もっとも英国の抗議を受けて、やがて軍艦は島から去っていった。英露の力のバランスを利用して、解決に導いたのは誰なのか。

 ▼「これがいはゆる彼に由(よ)りて彼を制するといふものだ」。勝海舟が『氷川清話』のなかで、自分の外交成果の一つに挙げていた。比較文化が専門の上垣外(かみがいと)憲一さんは、海舟の「ほら話」ではなく、事実に近いとみている(『勝海舟と幕末外交』中公新書)。

 ▼対馬の対岸に位置する山口県長門市は、安倍晋三首相の地元でもある。明日、ロシアのプーチン大統領を迎えて、北方領土問題を協議する。ロシア軍艦が対馬を「占領」したのは、半年間にすぎなかった。それに対して、旧ソ連、ロシアによる4島の不法占拠は71年間にも及ぶ。交渉がどれほど困難を極めてきたのか。小紙の連載「屈辱の交渉史」を読んで改めて納得した。

 ▼4島では、ロシア人の定住化と軍事拠点化が進んでいる。ロシア側が日本の経済協力をいくら熱望していても、「食い逃げ」の懸念をぬぐいきれない。何より高いハードルは、領土問題で一切の妥協を許さない、ロシア外務省や軍の強硬派の存在である。

 ▼上垣外さんによると海舟は、領土拡張を求めてやまないロシアにも、「日本との友好親善が大切だと思う優れた人物もまた存在することを知っていた」。今のロシアにも、当てはまるのか。最近の現地からの報道から判断する限り、残念ながら、悲観的にならざるを得ない。