芸能考察

恋ダンス、派遣切り、高齢童貞、パロディー…「逃げ恥」絶好調の要因

 決して派手なストーリーではない。「帰ったらあのことをどう伝えよう」などちょっとした日常のサスペンスを楽しく切り取ったという。

 「あらゆる楽しみをドラマにちりばめました。それが連続ドラマのいいところだと思います」

マルモのおきて、恋チュンに続き…“恋ダンス”が人気を後押し

 さらに、人気を後押ししているのが、星野が歌うエンディング曲「恋」に合わせて出演者が踊る恋ダンスだ。先日、フィギュアスケーターの羽生結弦が「恋ダンス」を踊る姿が、元フィギュアスケーターの織田信成のツイッターに公開され、さらに人気を加速させている。

 以前、AKB48の楽曲「恋するフォーチュンクッキー」で自治体や企業社員らがこぞって踊り、YouTubeに投稿していたのがいい例だろう。エンディングダンスといえば、平成23年のフジ系「マルモのおきて」の芦田愛菜と鈴木福以降、ドラマで盛んに取り入れられている。