浪速風

大当たりばかり夢見ても

「海にオリンピックを浮かべたい」は2008年の大阪五輪招致のキャッチフレーズだった。残念ながら北京に敗れたが、「海にカジノを浮かべたい」はどうだろう。舞台は同じ大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)。旗を振る松井一郎大阪府知事に、関西経済同友会の黒田章裕次期代表幹事も歩調を合わせる。

▶統合型リゾート施設(IR)整備推進法案の国会審議が大詰めを迎えて、賛成、反対の議論がかまびすしいが、ギャンブル依存症の増加や治安悪化の懸念はさておく。政府が成長戦略と位置付けるように、関西の期待も経済効果である。海外からの観光客誘致や雇用創出につながるだろうか。

▶関西国際空港はアジアのハブ空港を目指して開港したが、各国でさらにスケールの大きな空港が建設され、競争にならなかった。ようやく息を吹き返したのはLCC(格安航空会社)の就航による。とかくギャンブルは大当たりの夢ばかり見るものだが、自分を見失ってはいけない。