【世界一の支配人】世界の旅行者が認める栄誉 長野・白馬村の小さな温泉旅館が支配人部門最高賞に(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

世界一の支配人

世界の旅行者が認める栄誉 長野・白馬村の小さな温泉旅館が支配人部門最高賞に

【世界一の支配人】世界の旅行者が認める栄誉 長野・白馬村の小さな温泉旅館が支配人部門最高賞に
【世界一の支配人】世界の旅行者が認める栄誉 長野・白馬村の小さな温泉旅館が支配人部門最高賞に
その他の写真を見る (1/4枚)

 長野県白馬村八方にある家族経営の小さな温泉旅館が、大きな栄誉に浴した。世界の旅行業者を対象にした「ラグジュアリー・トラベル・ガイド・アワード2016」の支配人部門で、「しろうま荘」の総支配人、丸山俊郎さん(42)が最高賞に輝いた。権威ある同表彰で個人部門が設けられたのは今年初めて。22カ国の支配人から選ばれた勲章の第1号は、世界中に「HAKUBA」リゾートの魅力を刻み込んだ。

 「正直言って、私なんかが受賞して良いのかと思った。旅館を支える家族や友人、知人、繰り返し訪れていただいているお客さま、そして白馬の美しい自然のおかげだと感謝している」

 表彰式で、名前を告げられたときの驚きを興奮気味に話す。しろうま荘は、米国発の世界的なクチコミサイト「トリップアドバイザー」でも上位にランクされており、海外での白馬全体の高い評価に貢献する。