プロ野球通信

「目標は伯父の佐々木誠です」 元パ首位打者の甥っ子 明大・佐野恵太がDeNAに入団

 DeNAは佐野を「リストが強くパンチ力のある打撃が持ち味。追い込まれれば広角に打ち返せるバットコントロールも巧み」と評価。期待の強打者は大学野球最後の舞台となった明治神宮野球大会でも、初戦の関大戦で試合の流れを決定づける2ランを右翼席へたたき込んだ。

 打ったのはフルカウントからのシンカー。「相手投手の得意球だったので狙った。打った瞬間、入ると思いました」と会心の当たりを振り返る。結局、明大は神宮大会で5年ぶりの優勝を遂げ、「日本一を弾みにこの世界(プロ)でも頑張りたい」と佐野は意欲をたぎらせる。

 プロでは現役にもう一人、縁のある選手がいる。今季優勝した広島の野村祐輔投手は出身地の岡山の中学から広島の広陵高、明大までまったく同じ球歴をたどっており、佐野は「ぜひ対戦してみたい」と意気込む。(三)

会員限定記事会員サービス詳細