日活ロマンポルノ45周年

内田裕也が暴露&激怒 共演をドタキャンしたあの女優に「今思い出しても腹が立つ」

【日活ロマンポルノ45周年】内田裕也が暴露&激怒 共演をドタキャンしたあの女優に「今思い出しても腹が立つ」
【日活ロマンポルノ45周年】内田裕也が暴露&激怒 共演をドタキャンしたあの女優に「今思い出しても腹が立つ」
その他の写真を見る (1/6枚)

 今年、日活ロマンポルノが生誕45周年を迎えたのを記念し、日活は新作と旧作の上映を行う「リブート(再起動)プロジェクト」を展開中だ。8日には新宿武蔵野館(東京・新宿)でロック歌手、内田裕也(77)が主演した1981年製作の「嗚呼!おんなたち 猥歌(わいか)」の上映会が行われ、内田と、ロマンポルノの新作「ジムノペディに乱れる」が上映中の行定勲監督(48)による対談が行われた。

 「猥歌」は、売れないロック歌手ジョージを内田が演じ、彼を取り巻く女たちとの情事を描いたロマンポルノ10周年記念作品。内田は「これは因縁のある映画です」と切り出し、「本当に腹の立つ女優がいて…」と当時の製作秘話を語り出した。

 「まじめにリハーサルやったんですよね。それでいよいよ明日からだと構えて家を出ようとしたらプロデューサーから電話があった。『申し訳ない。主演女優が降りたんで一旦中止させてください』と言うので俺も切れまくってね。なんていう女優だと所属を聞いたら『青年座』って言うんですよ」

会員限定記事会員サービス詳細