覚醒剤使用容疑で暴力団幹部を逮捕 群馬

 覚醒剤を使用したとして、高崎署は8日、覚せい剤取締法違反の疑いで、住所不定、指定暴力団松葉会系幹部組員の無職、高橋光治容疑者(46)を逮捕した。調べに対し「今は何も言えません」と黙秘している。また同署は同日、覚醒剤を所持しているとみて、高橋容疑者が関係する高崎市内の暴力団組事務所を家宅捜索した。

 逮捕容疑は11月下旬から12月3日にかけ、県内又は近隣いずれかの場所で覚醒剤を使用したとしている。

 高橋容疑者は今月3日に高崎市内で飲食店を経営する知人女性を暴行、脅迫したとして、暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されていた。同署によると、高橋容疑者の尿から覚醒剤使用の陽性反応が検出され、発覚したという。

会員限定記事会員サービス詳細