原発最前線

国民は受け入れるのか…核のごみ処分「科学的有望地」マップ公表間近 議論混迷で年越しの可能性も

【原発最前線】国民は受け入れるのか…核のごみ処分「科学的有望地」マップ公表間近 議論混迷で年越しの可能性も
【原発最前線】国民は受け入れるのか…核のごみ処分「科学的有望地」マップ公表間近 議論混迷で年越しの可能性も
その他の写真を見る (1/2枚)

 原発の運転で出た高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」を地下に埋めて処分する最終処分地の選定をめぐり、政府が年内としていた「科学的有望地」のマップ公表まで1カ月を切ったが、年内公表は微妙な情勢となってきた。国民の理解が十分に進まず、混乱が懸念されることが主な理由だ。しかし、公表には最終処分に対する国民の感心を高めたいとの思惑もある。混乱もある程度は織り込み済みの苦肉の策だが、過剰反応で議論そのものが空中分解するリスクもはらんでいる。(社会部 蕎麦谷里志)

3段階で色分けし公表

 高レベル放射性廃棄物は、原発の使用済み燃料から再利用する燃料を取り出した後の廃液だ。極めて高い放射線を出すため、溶かしたガラスと混ぜて固めた「ガラス固化体」にして、地下300メートルより深い地層に埋める「地層処分」を行うことになる。

 問題はどこに埋めるのかだ。「科学的有望地」は、この最終処分地の候補対象になり得る地域を地図上に色分けして示すというもの。色分けは「適性が高い」「適性あり」「適性が低い」の3段階が予定されている。

 適性は、活断層の有無や火山のリスク、地下に鉱物資源などがあり、掘り起こされてしまう可能性がある場所など複数の条件でみており、1つでも該当すれば「適性が低い」と判断。逆に該当しなければ「適性がある」地域で、そのうち廃棄物の輸送に便利な港湾から20キロの地域は「適性が高い」地域としている。

会員限定記事会員サービス詳細