円急落114円台で東京株上げ幅400円突破 OPEC減産合意で - 産経ニュース

メインコンテンツ

円急落114円台で東京株上げ幅400円突破 OPEC減産合意で

11月末までの日経平均株価と対ドル円相場の推移
11月末までの日経平均株価と対ドル円相場の推移

 1日午前の東京株式市場は円安ドル高が進んだことを受けて上げ幅が拡大、日経平均株価は前日比400円超高で1万8700円台に乗せた。取引時間中としては年初来高値(1万8951円)をつけた1月4日以来、11カ月ぶりの高値水準。

 午前の高値は437円80銭高の1万8746円28銭。午前終値は、413円90銭高の1万8722円38銭。

 東証1部銘柄の8割超が値を上げている。東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前日比27.37ポイント高の1496.8。

 前日の石油輸出国機構(OPEC)総会での8年ぶりの減産合意と、1ドル=114円台後半まで進んだ円安ドル高が好感された。

 円相場は午前8時台に1ドル=114円台80銭台まで円安ドル高が進み、2月中旬以来、9カ月半ぶりの円安水準となった。その後は円が買い戻されてやや円高に振れていたが、10時半ごろから再び円安方向に進んで、114円台半ば前後で値動きしている。