男性バイトの過労死、会社の安全配慮義務を認定 大阪地裁が「山元」に4800万円支払い命令 「直前数日、昼夜を問わず勤務」

 百貨店や展示会場への什器レンタルサービスを行っている「山元」(東京都)に、アルバイトとして勤務していた男性=当時(38)=が、不整脈により突然死したのは過労が原因だとして、遺族2人が同社に計約8200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。長谷部幸弥裁判長は長時間労働による過労死と認定し、同社に約4800万円の支払いを命じた。

 業務と死亡との因果関係に加え、ノルマが課されていないアルバイト従業員に対し、会社側が正社員と同様の安全配慮義務を負うかどうかが争点だった。

 判決理由で長谷部裁判長は、男性の死亡前1カ月の時間外労働が80時間を超えていたうえ、死亡1週間前には午前3時まで働き、約4時間の空き時間を挟んで翌日の午前0時ごろまで働くことがあったと指摘。「死亡直前の数日間はいわば昼夜を問わず働いている状態で、身体に重大な負荷が生じていた」として業務と不整脈との因果関係を認めた。

会員限定記事会員サービス詳細