「そんなことは知りません」京都貸金店240万強盗事件、2人は容疑否認

 貸金店に押し入り、現金約240万円を奪ったなどとして、府警は22日、強盗容疑で京都市伏見区向島清水町、無職、岡田正治(54)▽同市山科区椥辻東潰、職業不詳、松田正芳(58)▽同市伏見区京町、同、青山昭人(38)-の3容疑者を逮捕した。青山容疑者は容疑を認め、他の2人は「そんなことは知りません」と否認しているという。

 逮捕容疑は10月6日午後7時半ごろ、同市右京区太秦乾町の貸金店で、店番をしていた経営者の男性(75)と妻(71)に刃物を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約240万円入りの手提げかばんなどを奪ったとしている。

 府警捜査1課によると、岡田容疑者は同店の利用客だったという。

会員限定記事会員サービス詳細