問題の裏側

東京・吉祥寺の保育園反対運動は住民エゴなのか 「高慢」「子供施設が嫌いな人々」といわれた住民たちは…

 「住民エゴのように言われますが、私たちは保育園を迷惑施設とは考えていません。ここは決して閑静な住宅地ではありませんし、保育園が開園することには賛成します。今回はあまりにも交通量が多い道に面している立地上の問題と、運営する会社の問題が理由で反対したのです」

 女性は自宅の目の前にある代替地を指さしてそう言った。果たして吉祥寺の反対派住民は「高慢な人々」なのか。

 この提案が市議会で受け入れられるかどうか注目される。

会員限定記事会員サービス詳細