就活リサーチ

企業の採用意欲は変わらず旺盛

 ここ数年、企業の高い採用意欲が続いており、当社の調査では、平成29年卒業予定の学生の10月時点の内定率は91・2%。リーマン・ショック前の高水準に達しました。このままの採用意欲が翌年も続くのか、就職活動を控えた学生にとっては、非常に気になるところです。

 実際に学生に話を聞いてみると、「夏のインターンシップに参加したら、企業から何度も連絡が来るので売り手市場だと感じる」「五輪が近づいてきたので、多くの企業が雇用を増やしビジネスを促進していくのでは」という楽観的な意見が挙がりました。

 一方で、「ここ数年で採用しすぎた企業が、採用数を抑えるのではないか」という慎重な意見も多く聞かれました。アメリカ大統領選の結果やイギリスのEU(欧州連合)離脱などの世界情勢を受け、「日本経済に悪影響がありそうなので、採用数を減らす企業が増えるのではないか」と懸念する声もあります。

 では、企業はどのように考えているのでしょうか。今年10月に実施した企業調査で、30年卒業予定の学生の採用人数見込みについて尋ねたところ、前年に比べて「増える見込み」と回答したのが14・1%で、「減る見込み」(5・6%)の2倍以上でした。「29年卒並みの見込み」と回答した企業は全体の62・8%。前年までの高い採用意欲は続き、さらなる採用増が見込まれます。