赤字のお仕事

「桜」と「櫻」、「万」と「萬」 名前の字体は気になりますか? 

 国村隼、長沢まさみ、万田久子、気志団…あれ?と思った方も多いのでは。

 雑誌や新聞のテレビ欄などでよく見る芸能人の名前ですが、それぞれ、國村、長澤、萬田、氣志團といういわゆる旧字体での表記が一般的になってきました。でも、以前はそうではありませんでした。産経新聞のテレビ欄で、「万」が「萬」になったのは、平成17年のこと。この頃から旧字体表記が増え始めたのです。

 新聞に使う文字は、新字体が原則です。国会は國會ではないし、鉄道も鐵道ではありません。固有名詞も同様です。慶應大も、新聞表記では慶応大です。学校でも旧字体は学習しませんから、たとえ読めても書けない人が多いと思います。まして、大きく字の形が異なれば読めないこともあるでしょう。

 昭和の終わりごろ、新聞製作の現場には、まだ活字が存在していました。記者の原稿も手書きです。ところが、新聞製作が活字からコンピューターになり、ワープロが登場し、パソコンで記者が原稿を書くようになったころから、この原則が怪しくなってきた分野が現れました。それは芸能界。テレビ欄などに登場する芸能人の名前です。

会員限定記事会員サービス詳細